チーズの栄養素と相性の良い食材は?
高級

チーズの栄養素と相性の良い食材は?

優れた栄養素を含むことで知られるチーズですが、やはりその中でも特筆すべき成分はカルシウムです。
さて、このカルシウムを効率的に吸収するために効率的な成分もあります。
ここで言う、吸収が効率的である、というのは、カルシウムの主な使い道である骨の構築成分としてどのくらい骨の中に保たれるか、ということにつながってきます。

そして、骨の中にカルシウムを留め、さらに骨粗しょう症などのトラブルを予防するために特に重要な働きがあるとされているのが、マグネシウムとビタミンDの2つです。
まず、マグネシウムは骨を構築する上で欠かせない代表的な成分であり、ビタミンDは実際に体内にカルシウムが吸収されるのを促す働きを持っています。
このどちらが欠けても、重要な栄養素であるカルシウムの吸収率は低下してしまいます。

もちろん、この2つにかぎらず、その他にもビタミンCやビタミンKといったビタミン類も重要ですが、やはりカルシウム吸収を考えると、この2種類を特に注意して接種することがおすすめになります。
マグネシウムはミネラルウォーターやサプリメントがオススメですが、ビタミンDに関しては食品でいうならば、レバーやシイタケ、さらにカツオやイワシなどといった魚介類に、多く含まれています。
また、逆に摂取することによってせっかくのカルシウムが流れてしまう自体にもなりかねないので、それらの危険性のある食材についても見ていきましょう。

特に成分としてリンを多く摂取してしまうとカルシウムを流出させてしまう割合を増やしてしまうので、注意が必要です。
リンは、特にスナック菓子や食塩、さらに砂糖やアルコールといった嗜好品に多く含まれる可能性が多いので、要注意です。
さて、リンが体の中に多量に入ってきてしまうと、腸内でカルシウムと結合し、リン酸カルシウムとなってしまい、吸収されずにそのまま体外に排出されるので、結果としてカルシウム吸収率が低下します。

他にも健康によいとされるホウレンソウのようなものでは、シュウ酸が多く含まれることからカルシウム吸収を妨げてしまいます。
他にも、せっかく体内に吸収されたカルシウムは、たんぱく質量が過剰になるとカルシウムの尿中含有率が増え過ぎることでカルシウムが減少してしまいます。
神経質になる必要はありませんが、偏った食生活にならないように気をつけましょう。

このページの先頭へ