チーズには本当に美容効果があるのか
高級

チーズには本当に美容効果があるのか

チーズといえば、女性に大人気の食品です。
もちろん、味や風味と言った面でも非常に人気ですが、実はチーズには、美容に対しても効果があるとして、女性の注目を浴びているのです。
美容というと、様々な種類があるかと思いますが、今回はチーズに含まれる顔に関連する成分を紹介していきたいと思います。

顔といえば、やはりまず皮膚でしょう。
お肌の美容に関係してくるのは、チーズの原料の、牛乳の主成分ともしても知られているカルシウムです。
チーズは、いうなればその牛乳を圧縮して作られた食品なので、カルシウム含量は他の食品に比べて高くなっています。

カルシウムは他にも小魚に多いとされていますが、その中でめざしのカルシウム含量とチーズのそれを比較すると、同じ量を食べたと仮定して、チェダーチーズであれば1.5倍、最も圧縮して作られるハードタイプのパルミジャーノならなんと2.5倍もカルシウムを含んでいるのです。
さて、カルシウムは骨を丈夫にする働きで有名ですが、実は皮膚の繋ぎ目になる成分でもあるのです。

つまり、カルシウムは肌のキメの細かさを作り出していると言ってもいいでしょう。
他にも、チーズには、皮膚や粘膜の強化をするビタミンAや体の細胞の再生をサポートを行ったり、健康な肌や髪の毛に導いてくれているビタミンB2を始めとした多くの栄養が含まれています。
さて、これだけだったら最初に美肌効果があるとして記述すれば、と思われるでしょう。

実はチーズには、顔に関係あるもう一つの要素、表情についても良い効果があるのです。
イライラしたりしていると、ひとから、カルシウムが足りないんじゃない?なんて事を言われて余計に腹がたったことなんてありませんか?
実はこれはあながちただの言い回しではなく、的を射ている部分があるのです。

カルシウムには、イライラを沈めるための鎮静効果があることが研究によって明らかになっているのです。
やはり不機嫌な表情をしている人にあまり声を掛けたくありませんよね。
カルシウムを十分に摂ることによって、イライラすることも減るので、いうなれば表情美人となれるわけです。

このページの先頭へ