二日酔いの朝はチーズを食べると効果的
高級

二日酔いの朝はチーズを食べると効果的

二日酔いに効く食材としては、何が思い浮かぶでしょう?
お酒にやられた状態の体は胃や肝臓といった臓器の働きが低下している状態にあります。
二日酔いの朝に、どうも胃の調子が悪かったり、体調が思わしくないと感じるのはこのせいでしょう。

この症状を緩和するためには、まず機能が低下してしまっている胃や肝臓の機能を回復させるものをたべることが必要です。
最近では、二日酔いに聞くということで、タウリンを含んだドリンク剤や必須アミノ酸を含んでいるとして注目されているしじみや、味噌汁などのしじみ関連商品が注目されています。
また、おばあちゃんの知恵袋のように古くからお酒を飲んだ翌日に良いとされるのが、牡蠣などを始めとした貝類やイカやタコ、さらにエビといった海の生物、そしてビタミンCが多いことで知られる果物や、お腹にも優しい大根おろしが効果的です。

また、体に有毒なアルコールをきちんと排泄する意味からも、スイカなどの水気の多い果物もオススメです。
ビタミンB1も解毒効果を高めてくれるので一緒に摂ると良いでしょう。
そして最後にあげますのが、内臓の機能回復に必須なエネルギー源となる良質なタンパク質です。

そして、このタンパク質として活躍するのがチーズなのです。
チーズのタンパク質は特に他のタンパク質に比べて吸収率がなんと100%と非常に効率がよく、さらにお酒の前に摂ることで胃に粘膜をつくりだし、アルコールから受けるダメージを軽減してくれると言われています。
そのため、世界的に見てもチーズがおつまみに使われる場合が多いとまで言われています。
日本だと、代わりに冷奴などがお通しとして出てきますが、これも同じ理由で良質な植物性のタンパク質がとれるからだと言われています。
今では、ワインなどの洋酒も日本に浸透しているので、二日酔い予防に今度赤ワインと一緒に合うチーズをつまんでみてもいいですし、和風のチーズせんべいなどを日本酒やビールと摂るのも美味しいし、次の日の二日酔いを軽減してくれますよ。

このページの先頭へ