くせがなく食べやすいチーズはどれ?
高級

くせがなく食べやすいチーズはどれ?

もしくせのあるチーズの味は苦手だというのであれば、いくつかおすすめのチーズがあります。

まずモッツァレラがあります。
これはイタリア料理に使用される代表的な種類の一種であり、 日本でも認知度が高く人気もあります。
そのもっちりとした弾力のある歯ごたえがその特徴で、この弾力は製造過程で生まれます。

そのため、口に含み噛み締めると、そのしっかり帰ってくる歯ごたえとともに甘いミルクの味が口の中いっぱいに広がります。
そのため、日本ではピザやパスタなどの料理に加熱してトロットロに溶かして材料の1つとして食べる方法が有名でしたが、実はそのままスライスしてトマトなどにはさみ、上からバジルを散らせばイタリアにおける代表料理のカプレーゼの出来上がりです。
ここからわかるように、そのまま食べても非常においしいものです。

くせのある味があることで苦手にされるカビ付けのチーズですが、
その中でもブリーはなじみやすく、フランスを代表する白カビチーズであり、
初心者の方やくせのある風味を苦手とする人にはオススメです。
このチーズは、切ってみるとトロリと中から身が溶け出してくるくらいやわらかくクリーミーです。
脂肪分が約60%と、他の種類に比べて高めになっているため、口に入れてみると濃厚な牛乳の風味とチーズのコクが広がります。
また、味自体に関しても比較的クセが少なく、まだ白カビチーズに慣れていない方にも食べやすいものです。
その濃密な味わいから、乳製品が大好きだという人には特にオススメの商品です。

このような種類の他にも様々な製造工程を経たチーズがあり、その産地や季節によっても味が変わってきます。

そして当たり前ですが、人によっても好みが変わってくるので、cheese専門店に行ってみれば様々な種類を試食できるので、一度訪れてみてはいかがでしょう?
専門の店員さんに聞くことでおすすめのチーズを紹介してくれることでしょう。

このページの先頭へ