ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い
高級

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いといえば、
名前の通りナチュラルは自然そのまま、プロセスは手を加えられたと言う意味があり、
実際にそのとおりだといえるでしょう。

まずナチュラルの特徴として挙げられるのは、一種類のチーズから作られているということと、
非加熱である場合は、まだ中で乳酸菌http://lacticacid-bacterium.com/fed4.htmlが生きているということです。
そのため、様々な菌類やカビ付けなどの製法を通して、原料であるミルクの段階ではなかった多くの栄養素を摂取することができます。

例を挙げると、最もベーシックなフレッシュタイプのチーズや青カビ、白かびを付けて作られるカビ付けチーズ、さらにセミハード、ハードタイプと色々あります。

しかし、やはりナチュラルの菌は未だ生きてチーズの発酵を行っていることから、
例え適切な保管方法を用いても熟成は進み続けます。
そのため食べ頃があり、同時にそれは時期によってはあまり味が良くないということもあります。
そのため、好きなタイミングで食べることが出来ないというデメリットがあるといえるでしょう。


これに対してプロセスチーズは、その名の通り手を加えられ、一種のチーズから作られるナチュラルチーズを組み合わせたものなので、多くのバラエティがあります。

製造工程においては、ナチュラルと違っていくつかの種類のチーズを1つにする際に加熱処理をしてしまうことから、基本的にプロセスチーズには菌類は含まれていません。
そのため、ナチュラルのように、菌を摂取することでの健康効果を期待できませんが、
同時にそれは発酵の停止を意味するので、味をいつでも食べても同じ時に出来ますし、
長期保存が可能になるので、チーズのストックが欲しい、と言う人にはピッタリです。
ナチュラルとプロセスとでは、様々な点で異なってくるので、利用方法や食べるタイミング、そして好みによって種類を選ぶと良いですね。

このページの先頭へ