チーズは朝食で食べた方が良い?
高級

チーズは朝食で食べた方が良い?

チーズを食べるタイミングとしては、栄養素を豊富に含む食品であるということから、朝食に摂る事が良いかと思われます。
もちろん、どのタイミングでとっても健康や美容などといった面で効果を期待できますが、
その栄養素の性格上、一日の活力を養うための最初の食事である朝食での摂取がオススメです。

そこでの注目成分というのは、脂質です。

脂質と聞くと女性の中では敏感になってしまう人もいるほど、健康に有害なイメージがある脂質ですが、チーズの場合、チーズに含まれているビタミンBと組み合わさることによって体に吸収され、分解され、すぐにエネルギーとして消費されます。
そのため、そのエネルギーを使って朝食から1日のリズムをつくっていくという考え方です。
また、朝の段階で体を温めることが非常に重要です。

寝ている間に低くなっている体温を元に戻さないと、免疫力といった健康面でもあまり良くないのと同時に、だるさが残ってしまい、ねむさがなかなか取れないという状況になることもあります。
そのため、チーズから得たエネルギーで体を温めることが大切になります。
ビタミンBの効果で、脂質などの栄養素が代謝される際に熱が発生するからです。

体温の上昇は同時に脳の温度の上昇にもつながり、脳にとっても正式な”目覚め”と成るのです。
特に頭を使う仕事であったり、受験生など、脳を活発に働かせたい人にとっては、チーズは朝食にはぜひ組み込みたい食材です。
また、チーズは腹持ちがいいことから、朝早くから仕事や部活に行かなければならない人にとっては心強い味方になります。
ちなみに、チーズには、ほとんどの栄養素が含まれると言われていますが、実はそんなチーズに含まれていない成分があります。
そのため、チーズの他に炭水化物となるごはんやパン、そしてビタミンCを豊富に含んでいるフルーツジュースや果物を一緒に朝食に摂ると、効率よくすべての栄養素を網羅できるので、オススメのメニューになります。

このページの先頭へ